メニュー
Home症状別足関節捻挫

足関節捻挫

概要

スポーツで最も多い怪我の1つです。

 

足関節捻挫は靭帯の損傷の程度によってⅰ度ⅱ度ⅲ度に分類されます。

 

内返し捻挫と外返し捻挫がありますが、圧倒的に多いのは内返しの捻挫です。損傷されやすい靭帯は前距腓靭帯という足関節の外側の靭帯で、受傷の際は腫れや痛みを伴います。足関節捻挫は軽視されがちですが何度も繰り返すことが多く、初期治療がとても重要になります。

 

また靭帯の場所、損傷度合い、行っているスポーツにより治療やリハビリが変わってきます。

 

専門的な治療をご希望の方は是非一度当院にご相談ください。

 

治療

痛めた靭帯や程度によって治療やリハビリが異なります。

 

当院では損傷の内容によってリハビリの進め方を変えています。

 

急性期にはアイシングやインディバを用いて腫脹や疼痛の軽減を図り、歩行時に痛みのある場合はギプスでの固定を検討をします。

 

足関節捻挫は痛みが取れてからのリハビリがとても重要で、可動域や筋力の回復トレーニングを行い再発予防も行ってゆきます。

 

また当院では過去の捻挫の既往に対するご相談も承っております。陳旧性の症状でも手技や物理療法、テーピングなど様々な方法で改善が見込まれるケースが多くあります。

 

お気軽にご相談ください。

↑ページトップへ