メニュー

医療資格×スポーツトレーナー

相模大野駅から徒歩5分・東林間駅から徒歩2分の、くぼたスポーツ接骨院はスポーツ選手のケア・リハビリに特化した接骨院です。「インディバ(INDIBA)」「ハイボルト(Hi-Voltage治療)」をはじめとした最新の医療機器とプロスポーツの世界で磨いた手技を中心とした治療で怪我の完治を目指します。スポーツ障害から腰痛、捻挫、打撲、骨折、交通事故など、お子様からお年寄りからアスリートの方まで身体の事でのお悩みはお気軽にご相談下さい。

 

新型コロナウイルス対策についてお知らせ

   

Topics

  • 2020.1.24上鶴間スマイルチームのイベントにスタッフ橘田が参加しました。
  • 2020.1.24くぼたスポーツ接骨院本院が無事6周年を迎えました。
  • 2019.12.26湘南ベルマーレとメディカルサポート契約を締結しました。スタッフ千葉がトップチームアスレティックトレーナーに就任。
  • 2019.9.15神奈川県ラグビー女子中学選抜大会にスタッフ橘田が帯同しました(全国大会優勝)。
  • 2019.9.1サッカー日本代表国際親善試合(vsパラグアイ代表)に久保田院長が召集されました。
  • 2019.2.8東林間スタッフ桑原がソフトテニスナショナルチーム合宿に召集されました。
  • 2019.1.24くぼたスポーツ接骨院本院が無事5周年を迎えました。
  • 2018.9.30福井国体硬式テニス少年の部に当院スタッフ富岡奈菜が帯同いたしました。
  • 2018.5.20ロシアワールドカップに久保田武晴院長が召集されました。
  • 2018.3.1 なでしこチャレンジリーグチーム大和シルフィード とメディカルサポート契約を結びました。
  • 2018.2.1 プロサッカークラブSC相模原とメディカルサポート契約を結びました。
  • 2017.12.7 相武台中学校で成長期のスポーツ傷害予防とコンディショニング講習会を行いました。
  • 2017.11.23/26 無料スポーツ傷害講演会・相談会を開催しました。
  • 2017.11.5 サッカー日本代表国際親善試合(11/10vsブラジル代表 11/14vsベルギー代表)に久保田院長が召集されました。
  • 2017.10.17 くぼたスポーツ接骨院東林間院OPENしました!!
  • 2017.9.30 サッカー日本代表キリンチャレンジカップ2017に久保田院長が召集されました。
  • 2017.6.4 サッカー日本代表アジア最終予選vsイラク代表に久保田院長が召集されました。
  • 2017.5.26 日本工学院八王子専門学校スポーツトレーナー科で久保田院長が講師を務めました。
  • 2017.3.26 神奈川県体育協会トレーナー研修会で久保田院長が「成長期のスポーツ障害」の講師を務めました。
  • 2016.11.9 パンフレット完成しました。
  • 2016.8.27 サッカー日本代表アジア最終予選vsイラク代表、vsタイ代表に久保田院長が召集されました。
  • 2016.6.3   サッカー日本代表キリンカップ2016に久保田院長が召集されました。
  • 2016.3.20   サッカーU-23日本代表ポルトガル遠征に久保田院長が帯同しました。
  • 2015.10.8   サッカー日本代表ワールドカップ2次予選に久保田院長が召集されました。
  • 2015.9.10   相模経済新聞社にスタッフ桑原を取材していただきました。
  • 2014.1.30 くぼたスポーツ接骨院 ホームページ開設しました。
  • 2014.1.24 くぼたスポーツ接骨院OPENしました。

本院 Facebookページ

東林間院 Facebookページ

各種SNS等 ページ

instagram2

YouTube

交通事故診療

女性スタッフ在籍中1

湘南ベルマーレ リンク

img sagamihara

3f5ae88250e60e127bf839c5f16870e7

スタッフ紹介

スタッフブログ

Q&A

久保田院長よりご挨拶

院長よりごあいさつ

 

 

『医療資格×スポーツトレーナー』のスタッフスポーツを愛するみなさまへ、全力でサポートいたします。

 地元・相模原での5年間の研修の後、Jリーグというプロサッカークラブでの専属アスレティックトレーナーを17年間務め、また相模原に帰ってくる事が出来ました。カラダを動かす、ケガを治す、という事はトップアスリートからお子様、お年寄りまで共通した問題です。プロスポーツの世界でトップアスリートとともにケガと戦い、培った経験を地域の方々の健康増進やけが予防、スポーツでのカラダの問題解決に役立ててまいりたいと考え、相模大野での開院にいたりました。

 私たちは患者様一人ひとりの声をよく聞き、ケガの発生した状況を分析し、なぜその痛みが出るのか、なぜそのケガが発生したかをじっくりと考え、ケガの予防を含めた治療を行うことが大切だと考えております。スポーツ選手の方は怪我をした際の復帰目標を患者様と共に明確に設定し、復帰に向けた段階的なアスレティックリハビリテーションを行わせていただきます。

 スポーツによるケガを治すことは医療資格を持ったトレーナーの役割、義務であると考えます。当院は国家資格を持った医療スタッフや日本体育協会公認のアスレティックトレーナーが多数在籍しております。地域の皆様のトレーナーとして年代・性別問わず日常生活の様々なカラダの問題をサポートしてゆきたいと考え、スタッフ一同、日々努力・研鑽して参ります。

院長経歴
1995年 早稲田大学ア式蹴球部トレーナー
  久保田接骨院勤務
1996年 神奈川県サッカー国体選抜トレーナー
1997年 ガンバ大阪トップトームアスレティックトレーナー
2003年 東京ヴェルディ1969トップチームチーフトレーナー
2008年 横浜F・マリノストップチームチーフトレーナー
  Jリーグアスレティックトレーナー研修会代表
2014年 相模大野に「くぼたスポーツ接骨院」開院
2014年~  日本サッカー協会アスレティックトレーナー

 
久保田院長・スタッフに ついて詳しくはこちらをご覧ください。

こんな症状で悩んでいませんか?

施術内容・料金へ

くぼたスポーツ接骨院って、どんなとこ?

5901

疲れたカラダに最適!落ち着いた雰囲気の院内。各ゾーンはカーテンまたは壁で仕切られプライベートの保たれた状態で施術します。

kikai1

最新・こだわりの治療機器でより効果的な施術!久保田院長がプロスポーツの世界で実際に使い、結果の良かったものだけをとりそろえました。

天皇杯

スポーツメディカルの様々な場面で活躍する経験豊富な院長

写真 2020 01 21 19 13 20

国家資格を持つ信頼できるスタッフが親身に対応

詳しくは「くぼたスポーツ接骨院について」を、ご覧ください

中村俊輔選手から当院にコメントを頂いています!

中村俊輔

―中村選手にとって、信頼できるトレーナーの条件とは何でしょう?―

中 村 うまくコミュニケーションが図れることだと思います。トレーナーに比べて、僕のほうが知識はないわけです。だから、僕はいろいろと質問するようにして います。トレーナーから説明を受けて、自分が納得しながら直すのと、ただ、トレーナーの言われたままに直すのとでは、全然違うんです。トレーナーと「一番 良い治療は何か」を・・・

続きはコチラ>>>

 

対応している症状

寝違え・頚椎椎間板ヘルニア・頚肩腕症・むちうち・椎間関節症

  

・肩こり・腱板損傷・肩関節脱臼・上腕二頭筋腱炎・肩関節不安定症 五十肩・四十肩・野球肩・水泳肩・胸郭出口症候群

  

・野球ひじテニス肘・ゴルフ肘 肘内側側副靭帯損傷(MCL損傷)

  


・突き指・腱鞘炎・ばね指・ドケルバン病 TFCC損傷・手根管症候群

腰・骨盤

・腰痛 腰椎分離症・腰椎椎間板ヘルニア ぎっくり腰・鼠径部痛症候群(グロインペインシンドローム)・梨状筋症候群

 

オスグッドシュラッター病・変形性膝関節症・半月板損傷・前十字靭帯損傷(ACL損傷)・後十字靭帯損傷(PCL損傷)・膝内側側副靭帯損傷(MCL損傷)鵞足炎・膝蓋腱炎(ジャンパー膝)

 

大腿・下腿

ハムストリングス肉離れ・大腿部打撲腸脛靭帯炎(ランナー膝)腓腹筋肉離れシンスプリント

 

足部

・扁平足障害 足底筋膜炎踵痛(シーバー病)・疲労骨折(ジョーンズ骨折、行軍骨折) 足関節捻挫・イセリン病

スタッフブログ

こんにちは!相模大野スタッフの吉田です!今回は、フットサポーターでのご購入方法についてお知らせしたいと思います。 ...
こんにちは。東林間スタッフの富岡です。 今回のブログでは院内でも取り扱われているアクティバイタルが開発したフットサポーターについてお話させていただきます。   ...
夏バテについて
2020年9月07日
こんにちは。新人の東林間スタッフの信木です。少し空いてしまいましたが、僭越ながら今回のブログを担当させて頂きます。よろしくお願いします。 ...
みなさま、こんにちは!東林間スタッフの高野です。   7/18になでしこリーグが開幕しました! 私が所属している大和シルフィードはなでしこリーグ2部に所属しています。...
サポーター式インソールについて     当院では特殊な素材を使って、成長期の踵の痛みや膝の痛み、または足の甲の痛みなどに対して、サポーター式インソールを作成しています。   例えば、いつの間にか起こった膝の痛みは、膝関節の横のぐらつきが原因となることもあります。その状態で生活や運動を続けていると、症状が悪化するおそれがあります。   ...

<div class="ekiten-gadget" data-gadget-type="review_panel" data-shop-id="6820934" style="display: none"></div><script src="https://static.ekiten.jp/js/gadget.js" async="async" defer="defer" charset="UTF-8"></script>

8.2タウンページに記事を掲載していただきました。

20181229 165921

2018ロシアワールドカップに久保田総院長が帯同しました。

 

okazaki wcup

15287099703021

スポーツ選手のケガ予防と回復食出版されました。

コラム、怪我とその予防コンディショニング、女子運動選手のケガについての部分を院長が担当しました。

81NuveXidYL

ジュニアサッカーマガジンに院長連載「メディカル講座」が掲載されました。

118975295051dsMUaBKL61pZQqAioL

 

61vO7AhyML514DQVHHQ7L518o9gdfjhL

 

61BL59oNoL 213x288512jxmryfJL51e0shT1zrL

 

3月27日号の『Tarzan』に久保田院長監修の記事が掲載されています。

 

tarzan

↑ページトップへ