メニュー
Home症状別テニス肘(外側上顆炎)

テニス肘(外側上顆炎)

外側上顆炎(テニス肘)は肘関節の外側に痛みが出る症状です。テニスやゴルフ、剣道など、手首や肘に強い負担のかかるスポーツで多く見られます。また、日常生活動作(家事など)でも痛みが出ることもあります。

 

原因としては、肘関節の外側上顆に付着している前腕の伸筋群(指を伸ばしたり、手首を上にかえす筋肉)の使い過ぎによるものが多いとされています。
特徴的な症状として、肘の曲げ伸ばしの時、テニスでボールを打った時(主にバックハンド)、重いカバンなどを手を伸ばして持ち上げた時などに肘の外側に痛みを感じます。

 

治療法としては局所の超音波+アイシングまたはコンビネーション治療、周辺筋肉のマッサージなどが有効です。当院ではこれらの治療に加え急性期やどうしても間に合わせたい試合などがある場合には鍼治療やインディバアクティブセラピーなども行い疼痛軽減と治癒促進を行います。またこれらの有効な物理療法に加え、患者様の痛みの出る特有の動きや体の使い方、バランスの乱れ、筋力の低下などを評価して改善プログラムを提供し再発予防に努めます。

 

当院ではこ症状に応じて患者様のと相談しながら治療を進め競技復帰に向けリハビリ、テーピングの指導もさせていただいております。

↑ページトップへ