メニュー
Home症状別肉離れ

肉離れ

肉離れとは筋肉に過剰なストレッチ・筋力発揮がかかることにより起こる筋損傷です。主に損傷する部位としてハムストリングス、大腿四頭筋、腓腹筋、ヒラメ筋などでおこることが多いです。陸上の走りだした際、サッカーでボールを強く蹴った際、テニスでサーブを打った際など受傷する原因様々です。
肉離れの主な症状はストレッチした際の痛み、筋肉に力を入れた際の痛み、歩行時の痛みなどがあげられます。

 

肉離れにはⅠ~Ⅲ度の3つの段階に分けることが出来ます。

Ⅰ度 筋肉部分損傷 歩行可能も痛み有り。皮下出血なし。筋肉痛に似た痛みを感じる。全治4~6週。
Ⅱ度 筋肉部分断裂 歩行困難、痛み強い。皮下出血あり。受傷時に「バンッ」と音がする感じがしたり、蹴られた(殴られた)ような感じがする。全治6~8週。
Ⅲ度 筋肉完全断裂 歩行不可 痛みかなり強い。皮下出血あり。受傷時から歩行不可になる。全治3ヶ月。

 

この中で一つポイントとなるのが肉離れと筋肉痛(筋膜炎)の見分ける方法です。
肉離れは運動中や運動直後など運動をしたその日に痛みを感じることが多いのが特徴です。また、痛みがでてから運動を継続すると段々と痛みが強くなります。
一方、筋肉痛(筋膜炎)は運動をした翌朝や夜間に痛みを感じることが多く、少し後から痛みを感じるのが特徴です。また、痛みがでたその日に運動をしても体が温まれば痛みが引いてくることもあります。

 

当院では肉離れに対して様々な治療(超音波、インディバアクティブセラピー、鍼治療、コンビネーション治療、手技療法など)を症状に合わせて行っております。また、急性期で痛みが強い場合には包帯固定や松葉杖の提供などもさせて頂きます。

 

肉離れで非常に重要なのがリハビリの組み立て方です。痛みが消えたからと言ってすぐに競技復帰してしまうと再受傷の原因となってしまいます。まずは、患部の筋力回復や瘢痕化を避けるため、筋力トレーニングやストレッチポールなどを使用したセルフケアの指導を行います。筋力回復後にウォーキングから開始し、その後ウォーキングとジョギングを交互に行い、最終的にジョギングを連続しながら行います。その後は競技特性に順次ながらトレーニング指導を行っています。症状に応じて少し変わることもありますが、当院では患者様と相談しながらリハビリを組み立てていきます。

↑ページトップへ