メニュー
Home症状別足底筋膜炎

足底筋膜炎

足底筋膜炎はウォーキングや長距離ランナー、球技スポーツのシーズン立ち上げのランニングトレーニングが多い時期に起こるスポーツ障害のひとつです。
ランニング・ウォーキング中、足を地面についた際に足底部に痛みが出ます。
主に足部のアーチの形状(扁平足・ハイアーチ・外反母趾等)が原因で痛みが引き起こされることが多いです。
治療は高周波、アイシング、超音波、ハイボルトのほか、インデイバアクティブセラピーや鍼治療なども有効です。
また、インソールを作成することにより痛みの軽減、再発の予防、パフォーマンスの向上にもつながります。(インソールについてはこちら
足底筋膜炎のリハビリで大切なことはトレーニングの上げ方です。痛みが取れ始めたらテーピングやインソールなどを装着してしっかりと再発予防を行うことが大切です。またトレーニングの上げ方を誤ってしまうと何度でも繰り返し何カ月かかってしまうことも珍しくありません。
いきなり5キロ、10キロと上げずに短い距離のジョギングとウォーキングを交互に行う事が重要となります。
当院では症状と治癒過程に応じた治療と専門的なリハビリプログラム、予防措置を取る事で細心かつ最短の競技復帰を目指して頂きます。

インソール作成

 
↑ページトップへ